宮津大輔氏TV出演のお知らせ
<9/25放送>NHKのクローズアップ現代+「『ウサギの彫刻』に100億円!?現代アート高騰の舞台裏」

アートフェアアジア福岡2019のイベント/プレイベントにて、ご登壇された宮津大輔氏が9/25放送のNHKクローズアップ現代+「『ウサギの彫刻』に100億円!?現代アート高騰の舞台裏」に出演されますのでお知らせいたします。

ぜひご視聴ください。

https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4332/index.html

—–
いま世界で現代アート作品の高騰が続いている。5月、アメリカの作家が製作した「ウサギの彫刻」がオークションにかけられ、存命作家史上最高額の100億円で落札されたのだ。アメリカでは、ギャラリー経営者や評論家、コレクターたちが協力して有望なアーティストを発掘し市場価値を引き上げるシステムが構築されていて、そこに世界の投機マネーが流れ込んでいるという。一方で中国は国が旗振り役となり自国アート作品の価値向上を目指している。日本でもアーティストの活動を後押ししようと文化庁が動き出した。現代アートの「値段」はどう決まるのか?日本、アメリカ、中国の現場ルポから浮き彫りにする。

出演者
宮津大輔さん(アートコレクター/横浜美術大学教授)
宮田裕章さん(慶應義塾大学教授)
武田真一 (キャスター)
————-