9月23日(土) 13:00-14:00

「越境するアジアの現在、そして未来」について

90年代から様々なアーティストと関わり国際展のキュレーションや展覧会を開かれてきた建畠哲氏、現代美術史家・キュレーター・東アジア文化芸術の専門家として外交行事にも携わる沓名美和氏が、時代の移り変わりと共に大きな変化を迎えようとしているアジアのアートシーンについて語ります。

※アーカイブ配信は終了しました。

登壇者
建畠哲(美術評論家/詩人/埼玉県立近代美術館・草間彌生美術館館長)
沓名美和(魯迅美術学院教授/多摩美術大学客員教授/現代美術史家/キュレーター/ディレクター)