9月24日(日) 13:30-14:30

東アジアの美術ダイアログ:「縁起」と創造

東アジアの現代アートを研究する山本浩貴氏をファシリテーターとして迎え、
ザ・リッツ・カールトン福岡に大作が収蔵された美術家シーズン・ラオ氏と、
フランスの国立東洋美術館で開催している個展作品を通して「縁起」や「余白」について触れ、「容中律」の考えへと話を広げていきます。

※アーカイブ配信は終了しました。

登壇者
シーズン・ラオ(美術家)
山本浩貴(文化研究者/金沢美術工芸大学講師)